simonakano

岡山で家を建てるなら当社へ、パソコン教室はディードットステーション下中野教室へ!

2016/06/26(日)

Blog

D.St@tion

皆さんこんにちは!

 

木造からRC造まで、

戸建て住宅から賃貸住宅まで、

ありとあらゆるご要望にお応えします!!

 

株式会社サンオリエントの磯崎です。

 

本日は日曜日なので、ちょっと通常の業務に関係のない部分のお話しをお届けします。

 

それは、このブログが引き起こした、一つの再会の物語です。

そしてその主人公は不死鳥の様によみがえった、不死身の男の物語です。

 

彼の呼び名は「ナベ」

 

小学校・中学校とずっと仲良しで、家もまあまあ近所。

中学の時は同じサッカー部で、良くつるんで遊んでいました。

 

 

高校は別々でしたが、こちらは水島工業高校、あちらは倉敷工業高校と兄弟校で、通学の電車ではたまに一緒になって雑談していました。

 

そいつのお父さんは大工さんで、中学の時の工作道具の中にあるカンナの刃を研いでもらったら、恐ろしく良く削れるようになったのを鮮明に覚えています。

 

 

お互いに高校卒業した時点で就職し、僕は県外に出ました。

そいつは倉敷の内装業者に就職(そいつは建築科ではなく繊維科だったのでなんで内装業者に就職したかは不明)。

 

 

就職したばかりの夏だったかな?

帰省した僕に他の幼なじみが言いました。

 

 

「ナベ、事故ったで!!」

 

雨の降る夜、他の奴の運転する車の助手席に乗り事故にあったと言う。

詳しい話はよく分からぬまま、その幼なじみと二人見舞いに行った。

 

そこには、やせて細くなってしまい、病院のベッドに埋もれるように横になった「ナベ」がいました。

 

「足が動かんのよ」

 

ビーバップハイスクール全盛期の僕らの学生時代。

ご多分に漏れずヤンキーである事がステイタスのごとき田舎のガキだった我々でしたが、そんなヤンキールックの見る影も無いまま弱々しく横たわる友の姿にかける声もなく、

「来てくれてありがとう」と涙ぐむおばさんに挨拶して病院を後にしました。

 

帰り道「あいつこれからずっとあのままなのかな?」と漠然と考えながら車を走らせました。

 

それから数ヶ月後、お見舞いに行くと見違えるように元気になっていて、

「足先はたまに動かせるようになった!!」

と話しているのを聞き、

 

 

「こいつスゲーな!!」

 

と思い

その1年後位、退院して実家に帰っているところに遊びに行くと

元気どころか、上半身が筋肉隆々になっていて

 

「わしは車椅子マラソンで、トップになる!!」

 

と、のたまうナベを目の当たりにし

 

「こいつスゲーな!!」

 

とさらに思い。

 

その数年後、結婚して家を離れて居を構えているので、もう実家には居ないと聞き

 

 

「あいつスゲーな!!!」

 

 

と驚いたのを最後に、しばらく意識の中から消えていました。

 

 

 

それが昨年の10月末、一本の電話が会社にかかってきました。

「社長、幼なじみの田辺さんという方からお電話ありました。

よければ折り返し連絡下さいとの事です!」

 

 

田辺??

 

 

 

ナベ???

 

 

 

あの、ナベ???

 

 

 

そこで電話してみると・・・

二十数年の時をえて聞くかつての友の声がありました。

(歳を取ってだいぶダミ声になっていましたが・・・、それはお互い様か!)

 

 

ナベ 「おう久しぶり!ブログからHPにいっておまえを見つけたんじゃ!」

磯崎 「ああそうか、ところでナベ今何しとんの??」

ナベ 「ああワシか?今パソコン教室じゃ。」

磯崎 「ん?パソコン教室で何しとん?」

ナベ 「パソコン教室で何する言うて、パソコンの使い方教えるんじゃ!」

 

 

え?

 

 

ひょっとして先生??

 

 

あのナベが???

 

 

・・・・・

 

 

磯崎 「で、どこで?」

ナベ 「岡山、下中野!」

 

 

メチャクチャ近所だし!!

 

 

と言う事で一度会いに行きました。

simonakano

ディードットステーション下中野教室

 

何度もこの前の道は通っていて、パソコン教室がある事は何となく知っていたけど、まさか幼なじみがやっているとは・・・。

 

店内にはいると、数人の生徒さんが真剣にパソコンに向かっていて、じゃましては悪いので小声で

「すみません田辺君居ます?」

と聞くと

「今ちょっと出てますけど、すぐ帰って来ますので。」

 

と言う事だったので待たせてもらう事に、

数分後、

 

「おーう、久しぶりじゃのう!!」

 

ちょっと白髪が混じり始めた、旧友が車いすに乗ってやってきました!!

 

「あんまり、変わらんな~?」

と、お互いに思ったかな??

 

25年ぶりくらいに会ったとは思えない感覚だったけど、こういうのはどう表現すれば良いんだろう??

 

その日は、仕事中だった事もあり、あまり長居はせず帰りました。

 

その後、飲みに行こう!!と約束はするものの、なかなか時間がとれず実現していませんが、

彼の生徒さんで、不動産の事で困っている人を紹介してくれたり、フェイズブックでは真っ先に「いいね」してくれたりと、良い距離感を保っています。

 

と言う事で、これからパソコン教室に通おうかとお考えの方がいらっしゃいましたら、是非

「D.St@tion 下中野店」

へどうぞ!!

 

元ヤンが先生ですが、様々な苦労をはねのけてきた分、人柄だけは間違いありませんので!

ちなみにFacebookはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004976947153&fref=ts

 

 

 

ちなみにそんなナベから一度こんな電話がかかってきました。

「おまえの方が起業したのはちょっと先輩じゃから聞いてみるけどな。

わしは儲けより何が一番生徒さんの為になるかを考えとる!

だけど、そんな好意を踏みにじるような人もいるし、利用しようとする人もいる!

結局、時間も金も使って、自分だけが損したような結果になってむなしくなる事があって、

ここ最近はそんな事が続いて、アホらしくなった。

おまえには、そういう事無いんか?」

 

 

あるよ、あるある!!

 

 

信用してた人に裏切られ、

よかれと思ってした事が裏目に出て、

バカにされ、罵られ、

得体の知れない不安に駆られ、眠れぬ夜も何度もあり、

もうダメだ、やめたい・・・と思った事も何回もある。

 

 

そんな電話での話をずっと聞きながら、時には返事を返し、時には相づちをうちながら思った。

そして言った。

 

「やっぱり俺たちは似てるな~」

 

倉敷市玉島の辺鄙なところで育ったふたり。

良いのか悪いのか人をだましたり、奪い上げたりする事が出来ないんだな!?

 

「悪い意味でなくバカだから、物事に正面からしか当たれないんだな。」

 

「それが原因で損する事もあるけど、仕方がないよ!それしかできないんだから。」

 

「まあ俺もおまえも大もうけ出来ないわ!バカ正直だから、ワッハッハ!」

 

 

残念ながら行き着く結論はここでしょう。。。

 

 

40代中盤のおっさん二人、電話でこんな事話しています・・・(-_-)

 

 

と言う事で、ちょっとクールな感じのするパソコン教室にて、熱い指導を受けたい方、

是非

simonakano

「D.St@tion 下中野店」

に行ってみてください。

 

そして「ナベさんいます?」と聞いてみて下さい。

 

 

それでは!!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着記事NEW

すべてがア・ツ・イ 猛暑の中の完成見学会!!@...

2017.08.21

IMG_1729

生活しやすくオシャレな家ってどんな家?見学会で...

2017.08.18

20170818092449

エスパス岡山 高圧引込線改修に伴う足場工事です

2017.08.09

IMG_0838

『家屋調査』って知ってます? 工事に入る前にし...

2017.08.07

IMG_20170803_105712

フツウの家じゃつまんない!RC住宅に興味のある...

2017.08.04

完成見学会ちらし_山陽折込_T様邸(表)

スタッフSTAFF

磯崎

丸尾

青木

山本

Kaji


カテゴリーCATEGORY

タグTAG

アーカイブARCHIVE