岡山の注文住宅ならサンオリエント

サンオリエント株式会社

0120-445-085
受付時間9:00~19:00(日・祝日除く)

【発表します!】今我々が『分譲住宅』を建てる理由!

2023/03/15(水)

Blog

RC住宅岡山

こんにちは!

今年の花粉は目に来るなぁ(>_<)

磯﨑です。

 

さて先日、当社の山本さんが現場見学会のブログをアップしてくれていましたが見て下さいましたか?

まだの方はこちらからどうぞ↓↓

泉田4丁目 分譲住宅 現場見学会を開催します

今回の現場見学会は構造見学会なので、

まだまだ建物の内装や設備が見れるわけではありませんが

まあいろいろな相談の場として、お気軽に来て頂ければと思います。

 

ではちょっと今回の本題に入っていきたいと思います。

従来当社は、住宅部門とビル建築部門を並行して行っていっております。

そのビル建築のノウハウを使ってRC住宅も提供していっています。

そして住宅建築に関してはほとんど注文住宅でやってきました。

それぞれのお客様の事情や要望に寄り添い、

じっくり時間をかけて作ってきた側面があります。

 

しかしここからは分譲住宅メインに舵を切っていこうと思います。

その理由はこれです

→「住宅価格の高騰」

物価の高騰に関しては昨年の9月にブログを書いていますので良ければそれもご覧下さい

一体どこまで?【建築費高騰】の行方~答えは○○にあり!?~ 

さて、この一年間建築費に限らずあらゆる物の値段が

ヒタヒタと上がってきたのを

読者の方も肌で感じているのではないでしょうか?

 

昨年9月に予想した以上に建築コストもかなり上昇してきました。

そしてそれはまだまだ上昇余地を残していると思っています。

今回のインフレの波は2年前にアメリカから始まりました。

コロナ禍の影響で落ち込んだ経済活動を復活させる為に

米国のFRBは大幅な金融緩和をやってのけました。

 

そしてその成果が出て消費が復活し、とそこまでは良かったのですが

物価が上がりかけてきた時にインフレは一時的と金融緩和の継続を決めたのです。

これは2021年の7月の記事ですがその頃のインフレ率はこんな推移でした

この時金融政策を維持した結果、米国のインフレ率は最高9.1%まで高騰しました。

その結果をうけて2022年に入りFRBは政策を急転換し、

前代未聞となる金利を引き上げを行い、金融引締めに転じました。

その結果金利は1年で4.5%急上昇するというカオスな状態になっています。

そしてこう言った金融引き締めの効果でインフレ率は若干落ち着いてきてはいるものの

副作用として先週末から銀行が立て続けに3行破綻すると言う事も起きています。

これがアメリカで起てきた一連の出来事です。

 

振り返って我が日本はどうでしょう?

FRBのパウエル議長から遅れること1年2ヶ月

先日退官された日銀の黒田元総裁が同じように

「物価上昇は一時的」といって金融緩和継続を発表しました。

その後のインフレ率はこんな感じです。

 

黒田元総裁の答弁後も緩やかに上がっていっています。

米国のインフレ率の推移と全く同じになるとは思いませんが

上昇の初期段階となんとなく似ています。

米国で起きた事が1年遅れくらいで日本でも起きてきた事を考えると

注意が必要な気がします・・・

 

しかも米国は地獄の金融引き締めという荒療治をやり

経済を冷やす事によって物価上昇をなんとか止める努力をしています。

しかし日本はどうでしょう?

今の状態で金融引き締めをやって金利を上げていけば、

その影響は米国どころの騒ぎではないはずです。

なので日銀は大幅な政策変更はやりたくても出来ない・・・

 

つまりは物価上昇の波は押さえられないと言う事になります。

ここ30年ずっとデフレできた日本なので

多少インフレ傾向の方が良いとは思いますが、

それはまた別の機会にしたいと思います。

 

ここまで述べてきた理由で、まだしばらく建築コストは上昇していくと思います。

そして、ここ一年のコストアップにより住宅の取得費が上がってしまい

住宅ローンが通らなかったりするケースが散見されるようになりました。

適度なインフレが続けば、ひいては給与アップにも繋がり借入限度額も上がってきて

住宅ローンの問題は解消されていくのでしょうが、

それでも1~3年は今のような状態が続くと思います。

 

そして今までのように注文住宅メインでやっていった場合、

打合せに要する半年~1年の間にまたしてもコストが上がってしまい

計画が白紙になるという危険性が大いにある事と、

今現在の価格で家を建ててしまっておいた方が少しでも安く建てられる

注文住宅のように自分たちの想いを全て反映させられないかも知れないけど

建てる事の出来るチャンスを失うよりは良いんではないかと思い

分譲住宅へのシフトを決意しました!

 

それに伴い土地も積極的に仕入れていくつもりなので、

『あんたの言う事は分かるけどそれでもやっぱり注文で建てたい』

と言う方はドンドン言って下さい!

その仕入れた土地に建てて頂く事も可能です(^^)

 

ちょっと長くなってしまいましたが、

方針転換をした理由を聞いて頂きたくて

たっぷり書いてしまいました・・・。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

磯崎@サンオリエント

 

お問い合わせなどありましたらこちらからお願いします!

 

新着記事NEW

2世帯住宅をお考えの方へ~完全分離型2世帯住宅...

2024.04.03

OPENHOUSE 豊成1丁目新築分譲住宅

2024.03.28

岡山で美味いうどんが食べたい その20(讃岐も近...

2024.03.25

岡山で美味いうどんが食べたい その19(讃岐も近...

2024.03.18

岡山で美味いうどんが食べたい その18(讃岐も近...

2024.03.11

スタッフSTAFF

磯崎画像

磯崎

丸尾画像

丸尾

青木画像

青木

山本画像

山本

Kaji画像

Kaji


カテゴリーCATEGORY

タグTAG

アーカイブARCHIVE